日本農芸化学会 2021年度大会プログラム検索

オンライン展示会 (ログインが必要です)
終了しました
プログラム集PDF 企業説明会
終了しました
進行中のプログラム一覧
終了しました
大会トップページに戻る
大会プログラム集・大会講演要旨集[PDF]の変更 (更新:3/24)
授賞式・受賞講演動画が公開されました。
※公開期間:2021年5月14日〜2022年2月末日まで
推奨ブラウザ:Chrome、FireFox、Edge、Safari
(Internet Explorerでは正しく表示されない場合があります)

講演番号:2H07、分類:一般講演 の検索結果

1 - 15  / 17 <<< 1 2 >>>

1 - 15  / 17
<<< 1 2 >>>
2H07-01
2021/03/19 13:30
ミーティングルーム H
扁桃体と前障から前頭前野への投射回路による社会行動と社会記憶制御機構
Distinct roles of AMY-mPFC and Cla-mPFC pathways on social behaviors and memory
○谷水 俊之1,2、櫻内 華恵2、石川 理絵1,2、喜田 聡1,2
○Toshiyuki TANIMIZU1,2, Kae SAKURAUCHI2, Rie ISHIKAWA1,2, Satoshi KIDA1,2
1東大院・農・応用生命化学、2東農大院・農・バイオ
1Dept. of Applied Biological Chemistry, Univ. of Tokyo, 2Dep. of Bioscience, Tokyo Univ. of Agriculture
2H07-02
2021/03/19 13:30
ミーティングルーム H
必須アミノ酸ヒスチジンによる記憶増強効果
Histidine functions as a memory enhancer
○川嶋 珠生1、樺山 音々2、小田切 友紀2、谷水 俊之1,2、石川 理絵1,2、喜田 聡1,2
○Tamau KAWASHIMA1, Nene KABAYAMA2, Yuki ODAGIRI2, Toshiyuki TANIMIZU1,2, Rie ISHIKAWA1,2, Satoshi KIDA1,2
1東京大農、2東農大農
1Univ. of Tokyo, 2Tokyo Univ. of Agriculture
2H07-03
2021/03/19 13:30
ミーティングルーム H
恐怖記憶制御プロセスに対する青斑核の役割の解析
Understanding roles of the locus coeruleus in regulation of contextual fear memory
○在原 悠1,2、喜田 聡1,2
○Yu ARIHARA1,2, Satoshi KIDA1,2
1東農大院・農・バイオ、2東大院・農・応用生命科学
1Dept. of Bioscience, Tokyo Univ. of Agriculture, 2Dept. of Applied Biological Chemistry, Univ. of Tokyo
2H07-04
2021/03/19 13:30
ミーティングルーム H
海馬の社会忌避記憶エングラムの光遺伝学的抑制はPTSD様行動を改善する
Optogenetic inactivation of social avoidance memory engram improves PTSD-like behavior
○武生 優花1,2、石川 理絵1,2、喜田 聡1,2
○Yuka TAKYU1,2, Rie ISHIKAWA1,2, Satoshi KIDA1,2
1東大院・農生科・応生化、2東農大院・農・バイオ
1Dep. of Applied Biological Chem, Univ. of Tokyo, 2Dep. of Bioscience, Tokyo Univ. of Agriculture
2H07-05
2021/03/19 13:30
ミーティングルーム H
ニコチン依存性場所嗜好記憶課題を用いた薬物依存性記憶エングラムの同定
Identification of drug addiction memory engram in nicotine-conditioned place preference paradigm
○海野 匡紀1,2、喜田 聡2、石川 理絵2
○Masanori UNNO1,2, Satoshi KIDA2, Rie ISHIKAWA2
1東農大農、2東大農
1Tokyo Univ. of Agriculture, 2Tokyo Univ.
2H07-06
2021/03/19 13:30
ミーティングルーム H
アデノシンA2a受容体が海馬依存性記憶想起を制御する
Adenosine A2a receptor regulates hippocampus-dependent memory retrieval
○渡邊 亮介1,2、長谷川 俊介1、喜田 聡1,2
○Ryosuke WATANABE1,2, Shunsuke HASEGAWA1, Satoshi KIDA1,2
1東農大院・農・バイオ、2東大院・農・応用生命化学
1Dept. of Bioscience, Tokyo Univ. of Agriculture, 2Dept. of Applied Biological Chemistry, Univ. of Tokyo
2H07-07
2021/03/19 13:30
ミーティングルーム H
Aβ42海馬注入アルツハイマー型認知症モデルマウスにおける時間帯依存的記憶障害
Alzheimer’s disease mouse model micro-infused Aβ42 into the dorsal hippocampus shows time-of- day dependent memory impairment
○ボーグ ジェームス、喜田 聡
○James BORG, Satoshi KIDA
東大院・農・応用生命化学
Dept. of Applied Biological Chemistry, Univ. of Tokyo
2H07-08
2021/03/19 13:30
ミーティングルーム H
MIG12はLXR活性化によるACCポリマー化亢進に関与する
MIG12 is involved in the LXR activation-mediated induction of the polymerization of mammalian acetyl-CoA carboxylase
和泉 彬子1、平口 遥香1、小高 愛未2、池内 江美奈1、成田 淳子1、小林 里奈3、松本 雄宇2、鈴木 司2、山本 祐司2,3、佐藤 隆一郎1、○井上 順2,3
Akiko IZUMI1, Haruka HIRAGUCHI1, Manami KODAKA2, Emina IKEUCHI1, Junko NARITA1, Rina KOBAYASHI3, Yu MATSUMOTO2, Tsukasa SUZUKI2, Yuji YAMAMOTO2,3, Ryuichiro SATO1, ○Jun INOUE2,3
1東大院・農生科・応生化、2東農大・応生科・農化、3東農大院・応生科・農化
1Univ. of Tokyo, Grad. Sch. of Agr. and Life Sci., 2Tokyo Univ. of Agric., 3Tokyo Univ. of Agric., Grad. Sch. of Agric. Chem.
2H07-09
2021/03/19 13:30
ミーティングルーム H
腸管粘膜でのIgA分泌における転写抑制因子Bach1の機能解析
Involvement of transcriptional repressor Bach1 in intestinal IgA secretion in mice
○霤 理久1、谷川 潤1、武藤 哲彦2、五十嵐 和彦2、睫 智久3、内藤 裕二3、東村 泰希1,3
○Riku HAMADA1, Jun TANIKAWA1, Akihiko MUTO2, Kazuhiko IGARASHI2, Tomohisa TAKAGI3, Yuji NAITO3, Yasuki HIGASHIMURA1,3
1石川県大・生資環、2東北大院・医、3京府医院・医
1Ishikawa Pref. Univ., 2Tohoku Univ., 3Kyoto Pref. Univ. of Med.
2H07-10
2021/03/19 13:30
ミーティングルーム H
転写抑制因子Bach1の欠損は大腸上皮において細胞増殖を促進する。
Bach1-deficiency promotes colonic epithelial cell proliferation in mice
○谷川 潤1、水島 かつら2、平井 泰子2、武藤 哲彦3、五十嵐 和彦3、睫 智久2、内藤 裕二2、東村 泰希1,2
○Jun TANIKAWA1, Katsura MIZUSHIMA2, Yasuko HIRAI2, Akihiko MUTO3, Kazuhiko IGARASHI3, Tomohisa TAKAGI2, Yuji NAITO2, Yasuki HIGASHIMURA1,2
1石川県大・生資環、2京府医院・医、3東北大院・医
1Ishikawa Pref. Univ., 2Kyoto Pref. Univ, 3Tohoku Univ
2H07-11
2021/03/19 13:30
ミーティングルーム H
転写抑制因子Bach1の欠損に伴う大腸ムチンの性状変化について
Effect of Bach1 deficiency on colonic mucus secretion and its properties in mice
○米澤 明莉1、谷川 潤1、水島 かつら3、平井 泰子3、武藤 哲彦2、五十嵐 和彦2、睫 智久3、内藤 裕二3、東村 泰希1,3
○Akari YONEZAWA1, Jun TANIKAWA1, Katsura MIZUSHIMA3, Yasuko HIRAI3, Akihiko MUTO2, Kazuhiko IGARASHI2, Tomohisa TAKAGI3, Yuji NAITO3, Yasuki HIGASHIMURA1,3
1石川県大・生資環、2東北大院・医、3京府医院・医
1Ishikawa Pref. Univ., 2Tohoku Univ., 3Kyoto Pref. Univ. of Med
2H07-12
2021/03/19 13:30
ミーティングルーム H
筋萎縮モデル・骨格筋特異的FOXO1過剰発現マウスの血液メタボローム解析;カルノシン量の変化
Metabolomic analysis in blood of transgenic mice with skeletal muscle specific overexpression of FOXO1; change in carnosine level
○水谷 彩子、中井 志帆、大藪 葵、亀井 康富
○Sako MIZUTANI, Shiho NAKAI, Mamoru OYABU, Yasutomi KAMEI
京都府立大生命環境
Kyoto Prefectural Univ.
2H07-13
2021/03/19 13:30
ミーティングルーム H
哺乳類細胞を用いた接着斑タンパク質ビネキシンαの精製系構築
Purification of Focal Adhesion Protein, Vinexin α using Mammalian Cells
○鎌田 一希、木村 泰久、木岡 紀幸
○Kazuki KAMADA, Yasuhisa KIMURA, Noriyuki KIOKA
京大院農
Kyoto Univ.
2H07-14
2021/03/19 13:30
ミーティングルーム H
ZNT5ZNT7二重欠損株における亜鉛要求性酵素の運命は膜結合様式によって大きく左右される
Difference between “GPI anchor” and” transmembrane-polypeptide anchor” determines the fate of zinc enzymes in ZNT5ZNT7 DKO cells
○下間 敬子、神戸 大朋
○Keiko SHIMOTSUMA, TAIHO KAMBE
京都大生命
Kyoto Univ.
2H07-15
2021/03/19 13:30
ミーティングルーム H
ミスフォールドタンパク質およびジスルフィド結合依存的なIRE1の会合状態制御
Oligomeric regulation of IRE1 depending on misfolded proteins and disulfide bonds
○松崎 元紀1,2、稲葉 謙次2、奥村 正樹1
○Motonori MATSUSAKI1,2, Kenji Inaba2, Masaki Okumura1
1東北大学学際研、2東北大多元研
1Tohoku Univ. FRIS, 2Tohoku Univ. IMRAM
1 - 15  / 17 <<< 1 2 >>>

1 - 15  / 17
<<< 1 2 >>>