日本農芸化学会 2021年度大会プログラム検索

オンライン展示会 (ログインが必要です)
終了しました
プログラム集PDF 企業説明会
終了しました
進行中のプログラム一覧
終了しました
大会トップページに戻る
大会プログラム集・大会講演要旨集[PDF]の変更 (更新:3/24)
授賞式・受賞講演動画が公開されました。
※公開期間:2021年5月14日〜2022年2月末日まで
推奨ブラウザ:Chrome、FireFox、Edge、Safari
(Internet Explorerでは正しく表示されない場合があります)

講演番号:3F07、分類:一般講演 の検索結果

1 - 15  / 16 <<< 1 2 >>>

1 - 15  / 16
<<< 1 2 >>>
3F07-01
2021/03/20 13:30
ミーティングルーム F
黒ダイズ種皮アントシアニンの新しい生合成経路
New biosynthetic pathway of cyanidin 3-glucoside found in seed coat of black soybean
○吉田 久美1、テッパブット ヤダー1、澤口 怜央1、尾山 公一2、西崎 雄三3、合田 幸広3、近藤 忠雄1
○Kumi YOSHIDA1, Yada TEPPABUT1, Reo SAWAGUCHI1, Kin-ichi OYAMA2, Yuzo NISHIZAKI3, Yukihiro GODA3, Tadao KONDO1
1名大院情報、2名大物国セ、3国立衛研
1Grad. Sch. Informatics, Nagoya Univ., 2RCMS, Nagoya Univ., 3NIHS
3F07-02
2021/03/20 13:30
ミーティングルーム F
オオケビラゴケ由来ビベンジルカンナビノイドの生合成研究
Biosynthetic study of bibenzyl cannabinoids from Radula perrottetii
○田浦 太志1、高橋 宏暢2、兼目 裕充2、浅川 義範2、保野 陽子3、品田 哲郎3
○Futoshi TAURA1, Hironobu TAKAHASHI2, Hiromichi KENMOKU2, Yoshinori ASAKAWA2, Yoko YASUNO3, Tetsuro SHINADA3
1富山大薬、2徳島文理大薬、3大阪市立大理
1Toyama Univ., 2Tokushima Bunri Univ., 3Osaka City Univ.
3F07-03
2021/03/20 13:30
ミーティングルーム F
シロイヌナズナにおけるフェアリー化合物の生合成に関連した新規プリン代謝の解明
Elucidation of novel purine metabolism related to biosynthesis of fairy chemicals in Arabidopsis thaliana
○竹村 太秀1,2、谷口 有希3、崔 宰熏1,3,4、平井 浩文1,3,4、菅 敏幸5、本橋 令子1,3,4、河岸 洋和1,3,4
○Hirohide TAKEMURA1,2, Yuki TANIGUCHI3, Jae-Hoon CHOI1,3,4, Hirofumi HIRAI1,3,4, Toshiyuki KAN5, Reiko MOTOHASHI1,3,4, Hirokazu KAWAGISHI1,3,4
1静岡大院創造、2JSPS、3静岡大院総合農、4静岡大グリーン研、5静岡県大薬
1Grad. Sch. of Sci. and Technol., Shizuoka Univ., 2JSPS, 3Grad. Sch. of Integ. Sci. and Technol., Shizuoka Univ., 4RIGST, Shizuoka Univ, 5Sch. of Pharm. Sci., Univ. of Shizuoka
3F07-04
2021/03/20 13:30
ミーティングルーム F
コムラサキシメジにおける2-azahypoxanthineに特異なトリアジン基の形成機構に関する研究
Studies on the formation machinery of a unique triazine moiety specific to 2-azahypoxanthine in Lepista sordida
○鈴木 兵梧1、伊藤 彰将2,3、古田島 美颯2、崔 宰熏1,2,4、鈴木 智大5、平井 浩文1,2,4、浅川 倫宏6、大内 仁志7、稲井 誠7、菅 敏幸7、道羅 英夫4、河岸 洋和1,2,4
○Hyogo SUZUKI1, Akinobu ITO2,3, Mihaya KOTAJIMA2, Jae-Hoon CHOI1,2,4, Tomohiro SUZUKI5, Hirohumi HIRAI1,2,4, Tomohiro ASAKAWA6, Hitoshi OUCHI7, Makoto INAI7, Toshiyuki KAN7, Hideo DOHRA4, Hirokazu KAWAGISHI1,2,4
1静大農・応生化、2静大院・創造、3JSPS、4静大・グリーン研、5宇都宮大・バイオ、6東海大・海洋、7静県大・薬
1Dept. Appl. Life Sci., Shizuoka Univ., 2Grad. Sch. Sci. Tech., Shizuoka Univ., 3Res. Fellow Jpn. Soc. Promo. Sci., 4Res. Inst. Green Sci. Tech., Shizuoka Univ., 5Ctr. Biosci. Res. Educ., Utsunomiya Univ., 6Dept. Fish-Food Sci., Tokai Univ., 7Dept. Pharm. Sci., Univ. of Shizuoka
3F07-05
2021/03/20 13:30
ミーティングルーム F
ICAの代謝産物であるS-ICAr-Hの存在意義についての研究
Study on the significance of existence of ICA metabolite, S-ICAr-H
○古田島 美颯1、崔 宰熏1,2,4、呉 静2、謝 肖男3、木村 洋子4、道羅 英夫2、大西 利幸1,2,4、平井 浩文1,2,4、浅川 倫宏5、大内 仁志6、稲井 誠6、菅 敏幸6、河岸 洋和1,2,4
○Mihaya KOTAJIMA1, Jae-Hoon CHOI1,2,4, Jing WU2, Xiaonan XIE3, Yoko KIMURA4, Hideo DOHRA2, Toshiyuki OHNISHI1,2,4, Hirofumi HIRAI1,2,4, Tomohiro ASAKAWA5, Hitoshi OUCHI6, Makoto INAI6, Toshiyuki KAN6, Hirokazu KAWAGISHI1,2,4
1静大院・創造、2静大・グリーン研、3宇都宮大・バイオ、4静大院・総合農、5東海大・海洋、6静県大・薬
1Grad. Sch. of Sci. and Technol., Shizuoka Univ., 2RIGST, Shizuoka Univ., 3Center for Biosci. Res. and Educ., Utsunomiya Univ., 4Grad. Sch. of Inte. Sci. and Tech., Shizuoka Univ., 5Marine Sci. and Technol., Tokai Univ., 6Sch. of Pharm. Sci., Univ. of Shizuoka
3F07-06
2021/03/20 13:30
ミーティングルーム F
日本産ヒキガエルが有する耳腺毒成分, bufadienolide の多様性
Variation in Bufadienolide Composition of Parotoid Gland Secretion From Three Taxa of Japanese Toads
○井上 貴斗1、中田 隆1,2、サヴィツキイ アラン3、吉永 直子1、森 哲4、森 直樹1
○Takato Inoue1, Ryu Nakata1,2, Alan Savitzky3, Naoko Yoshinaga1, Akira Mori4, Naoki Mori1
1京大院農、2京都先端科学大バイオサイエンス、3ユタ州立大生物、4京大院理
1Grad. Sch. Agri., Kyoto Univ, 2Dept. Bioscience and Biotech., Kyoto Univ. Adv. Sci., 3Dept. Biol., Utah State Univ., 4Grad. Sch. Sci., Kyoto Univ.
3F07-07
2021/03/20 13:30
ミーティングルーム F
イネがもつ (R)-β-tyrosine 量の時間的変動
Temporal fluctuations of (R)-β-tyrosine content in rice
○阪本 駿太、吉川 貴、寺石 政義、吉永 直子、小野 肇、森 直樹
○Shunta SAKAMOTO, Takanori YOSHIKAWA, Masayoshi TERAISHI, Naoko YOSHINAGA, Hajime ONO, Naoki MORI
京都大農
Kyoto Univ.
3F07-08
2021/03/20 13:30
ミーティングルーム F
リンゴ果実の酵素・基質両誘導型の食害応答性防御機構の解明
The dual defense system of apple fruits against feeding damage
○大畑 勇統1、吉永 直子1、石栗 陽一2、森 直樹1
○Yuto OHATA1, Naoko YOSHINAGA1, Yoichi ISHIGURI2, Naoki MORI1
1京都大院・農、2青森産技セ りんご研
1Kyoto Univ., 2AITC Apple Research Institute
3F07-09
2021/03/20 13:30
ミーティングルーム F
モモシンクイガに対するサポナイトの産卵抑制機構の解明
Oviposition inhibitory mechanism of saponite against Carposina sasakii
○室賀 邦太朗1、風間 春奈1、石栗 陽一2、江口 美陽3、加島 幸二4、黒坂 恵一4、吉永 直子1、森 直樹1
○Kunitaro MUROGA1, Haruna KAZAMA1, Yoichi ISHIGURI2, Miharu EGUCHI3, Koji KASHIMA4, Keiichi KUROSAKA4, Naoko YOSHINAGA1, Naoki MORI1
1京大院農、2青森産技セ りんご研、3物材機構、4クニミネ工業株式会社
1Kyoto Univ., 2AITC Apple Research Institute, 3NIMS, 4Kunimine Industries
3F07-10
2021/03/20 13:30
ミーティングルーム F
超臨界流体クロマトグラフィーと結晶スポンジ法を連結した分析系による微量香気成分の一斉構造解析
Simultaneous structural analysis of trace amounts of volatile compounds by supercritical fluid chromatography coupled to crystalline sponge X-ray analysis.
○北田 直也、三輪 真由佳、谷口 慈将
○NAOYA KITADA, MAYUKA MIWA, YOSHIMASA TANIGUCHI
キリンHDキリン中央研
Kirin Holdings
3F07-11
2021/03/20 13:30
ミーティングルーム F
超臨界流体クロマトグラフィーと結晶スポンジ法を連結した分析系における極性溶媒耐性結晶スポンジの活用
Application of crystalline sponges resistant to polar solvents in supercritical fluid chromatography coupled to crystalline sponge X-ray analysis
○三輪 真由佳、北田 直也、谷口 慈将
○Mayuka MIWA, Naoya KITADA, Yoshimasa TANIGUCHI
キリンHD キリン中央研
Kirin Holdings
3F07-12
2021/03/20 13:30
ミーティングルーム F
求核性化合物の解析を可能とする拡張結晶スポンジ法の開発
An expansion of crystalline sponge X‐ray analysis to elucidate the molecular structure of nucleophilic compounds
○谷口 慈将、松本 理恵、門田 智之
○Yoshimasa TANIGUCHI, Rie MATSUMOTO, Tomoyuki KADOTA
キリンHDキリン中央研
Kirin Holdings
3F07-13
2021/03/20 13:30
ミーティングルーム F
頭皮常在菌の制御を目的とした天然成分の探索
Search for natural compounds for the purpose of controlling scalp flora
○門脇 航1、本田 沙理1、渡邉 紘介2、伊藤 廉2、熊澤 茂則1
○Wataru KADOWAKI1, Sari HONDA1, Kosuke WATANABE2, Len ITO2, Shigenori KUMAZAWA1
1静岡県大院薬食、2ミルボン株式会社
1University of Shizuoka, 2MILBON Co.
3F07-14
2021/03/20 13:30
ミーティングルーム F
サソリ表皮由来の蛍光物質: CDPEの構造と蛍光特性の関係
The Relationship between Structure and Fluorescence Property of CDPE Identified from Scorpion Cuticle
○義本 裕介、宮下 正弘、中川 好秋、宮川 恒
○Yusuke YOSHIMOTO, Masahiro MIYASHITA, Yoshiaki NAKAGAWA, Hisashi MIYAGAWA
京大農
Kyoto Univ.
3F07-15
2021/03/20 13:30
ミーティングルーム F
ホタル生物発光を利用した新規近赤外発光材料の開発
Development of new luciferin analogues that emit near-infrared light through firefly bioluminescence
○神谷 弦汰1、北田 昇雄1、齊藤 亮平2、岩野 智3、宮脇 敦史3、平野 誉1、牧 昌次郎1
○Genta KAMIYA1, Nobuo KITADA1, Ryohei SAITO2, Satoshi IWANO3, Atsushi MIYAWAKI3, Takashi HIRANO1, Shojiro MAKI1
1電気通信大学、2東京薬科大学、3理化学研究所
1The university of electro-communications, 2Tokyo university of pharmacy and life science, 3RIKEN
1 - 15  / 16 <<< 1 2 >>>

1 - 15  / 16
<<< 1 2 >>>