日本農芸化学会 2021年度大会プログラム検索

オンライン展示会 (ログインが必要です)
終了しました
プログラム集PDF 企業説明会
終了しました
進行中のプログラム一覧
終了しました
大会トップページに戻る
大会プログラム集・大会講演要旨集[PDF]の変更 (更新:3/24)
授賞式・受賞講演動画が公開されました。
※公開期間:2021年5月14日〜2022年2月末日まで
推奨ブラウザ:Chrome、FireFox、Edge、Safari
(Internet Explorerでは正しく表示されない場合があります)

講演番号:3H02、分類:一般講演 の検索結果

1 - 15  / 17 <<< 1 2 >>>

1 - 15  / 17
<<< 1 2 >>>
3H02-01
2021/03/20 09:30
ミーティングルーム H
ムラサキのシコニン・アルカニン誘導体生産におけるアシル基転移酵素の機能分化
Functional differentiation of acyltransferases involved in the production of shikonin/alkannin derivatives in Lithospermum erythrorhizon.
○押切 春佳1、李 豪2、渡辺 文太3、山本 浩文4、矢崎 一史2、高梨 功次郎1,5
○Haruka Oshikiri1, Hao Li2, Bunta Watanabe3, Hirobumi Yamamoto4, Kazufumi Yazaki2, Kojiro Takanashi1,5
1信州大院・総合医理工、2京大・生存研、3京大・化研、4東洋大・生命科学、5信州大・理
1Grad. Sch. Med., Sci. & Tech., Shinshu Univ., 2RISH, Kyoto Univ., 3ICR, Kyoto Univ., 4Fac. Life Sci., Toyo Univ., 5Fac. Sci., Shinshu Univ.
3H02-02
2021/03/20 09:30
ミーティングルーム H
シコニン/アルカニン生合成経路で働く geranylhydroquinone 水酸化酵素の基質特異性
Substrate specificity of geranylhydroquinone hydroxylase in shikonin/alkannin biosynthetic pathway
○吉村 和貴1、渡辺 文太2、中川 友喜美3、矢崎 一史3、高梨 功次郎4
○Kazuki Yoshimura1, Bunta Watanabe2, Yukimi Nakagawa3, Kazufumi Yazaki3, Kajiro Takanashi4
1信州大・総合理工、2京大・化研、3京大・生存研、4信州大・理
1Grad. Sch. of Sci. & Tech., Shinshu Univ., 2ICR, Kyoto Univ., 3RISH, Kyoto Univ., 4Fac. of Sci., Shinshu Univ.
3H02-03
2021/03/20 09:30
ミーティングルーム H
RNA-Seq解析を利用したムラサキにおける栄養依存的なシコニン産生抑制機序の推定
RNA-Seq based identification of the biological processes involved in the nutrient-dependent suppression of Shikonin production in Lithospermum erythrorhizon
○岡田 貴裕1、松田 紗良2、丸岡 早紀2、松本 雄一2、末岡 昭宣3、渡邉 啓一2
○Takahiro OKADA1, Sara MATSUDA2, Saki MARUOKA2, Yuichi MATSUMOTO2, Akinobu SUEOKA3, Keiichi WATANABE2
1佐賀大医、2佐賀大農、3新日本製薬
1Fac. Med. Saga Univ., 2Fac. Agr. Saga Univ., 3Shinnihonseiyaku
3H02-04
2021/03/20 09:30
ミーティングルーム H
アマランチン合成酵素遺伝子の単離
Isolation of amaranthin synthetase from Chenopodium quinoa
○今村 智弘1、五十棲 規嘉2、東村 泰希1、宮里 朗夫2、大木 進野2、森 正之1
○Tomohiro IMAMURA1, Noriyoshi Isozumi2, Yasuki Higashimura1, Akio Miyazato2, Shinya Ohki2, Masashi Mori1
1石川県立大学、2北陸先端大
1Ishikawa Pref. Univ., 2JAIST
3H02-05
2021/03/20 09:30
ミーティングルーム H
Production of flavonoid C-glucosides in E. coli expressing a plant glucosyltransferase
○NASANJARGAL DORJJUGDER, HATANO MAYU, TAGUCHI GORO
Shinshu Univ.
3H02-06
2021/03/20 09:30
ミーティングルーム H
ダイズ根圏へのイソフラボン分泌に関与するβ-グルコシダーゼの機能解析
Functional analysis of a β-glucosidase involving isoflavone secretions into soybean rhizosphere
○松田 陽菜子1、山崎 由実1、森吉 英子1、中安 大1、高瀬 尚文2、岡崎 伸3、加賀 秋人4、矢崎 一史1、杉山 暁史1
○Hinako MATSUDA1, Yumi YAMAZAKI1, Eiko MORIYOSHI1, Masaru NAKAYASU1, Hisabumi TAKASE2, Shin OKAZAKI3, Akito KAGA4, Kazufumi YAZAKI1, Akifumi SUGIYAMA1
1京都大生存研、2京都先端大バイオ環境、3東京農工大農、4農研機構
1Kyoto Univ., 2KUAS, 3Tokyo Univ. of Agri. and Tech., 4NARO
3H02-07
2021/03/20 09:30
ミーティングルーム H
根寄生雑草Strigaにおけるジベレリン生理作用発現機構に関する研究
Study on the mechanism of gibberellin physiological functions in the root parasitic weed Striga
○陳 嘉政、高橋 郁夫、竹内 瑞穂、王 建文、中嶋 正敏、浅見 忠男
○Jiazheng CHEN, Ikuo TAKAHASHI, Mizuho TAKEUCHI, Jianwen WANG, Masatoshi NAKAJIMA, Tadao ASAMI
東大農
Tokyo Univ.
3H02-08
2021/03/20 09:30
ミーティングルーム H
根寄生雑草防除に向けたジベレリン様活性化合物研究
Chemical and biological studies on GA agonists for controlling root parasitic weeds
○竹内 瑞穂、陳 嘉政、王 建文、高橋 郁夫、太田 鋼、下盡 宏明、姜 凱、中村 英光、中嶋 正敏、浅見 忠男
○Mizuho TAKEUCHI, Jiazheng CHEN, Jianwen WANG, Ikuo TAKAHASHI, Tsuyoshi OHTA, Hiroaki SHIMOTAKAHARA, Kai JIANG, Hidemitsu NAKAMURA, Masatoshi NAKAJIMA, Tadao ASAMI
東大農
Univ. of Tokyo
3H02-09
2021/03/20 09:30
ミーティングルーム H
円柱状のリンゴ樹形はジベレリンの欠乏が原因だった
The apple gene responsible for columnar tree shape reduces biologically active gibberellin
○中嶋 正敏1、渡辺 大智1、高橋 郁夫1、Jaroensanti-Takana Naiyanate1、宮崎 翔1、姜 凱1、中安 大2、和田 雅人3、浅見 忠男1、水谷 正治2、岡田 和馬3
○Masatoshi NAKAJIMA1, Daichi WATANABE1, Ikuo TAKAHASHI1, Naiyanate Jaroensanti-Takana1, Sho MIYAZAKI1, Kai JIANG1, Masaru NAKAYASU2, Masato WADA3, Tadao ASAMI1, Masaharu MIZUTANI2, Kazuma OKADA3
1東大農、2神戸大農、3農研機構果樹茶部門
1Univ. of Tokyo, 2Kobe Univ., 3Institute of Fruit Tree and Tea Science, NARO
3H02-10
2021/03/20 09:30
ミーティングルーム H
エチレン様活性化合物が示すジベレリン様活性に関する考察
A discussion of the gibberellin-like activity of ethylene-like active compounds
○野村 明史、盒 郁夫、堅固山 裕子、水野 翼、財前 穂波、小山 倫之、竹内 瑞穂、浅見 忠男
○Akifumi NOMURA, Ikuo TAKAHASHI, Yuko KENGOYAMA, Tsubasa MIZUNO, Honami ZAIZEN, Tomoyuki KOYAMA, Mizuho TAKEUCHI, Tadao ASAMI
東大農
Tokyo Univ.
3H02-11
2021/03/20 09:30
ミーティングルーム H
植物のエチレン応答に対するシクロプロペン誘導体の影響
Effects of cyclopropene derivatives on plant ethylene responses
○小山 倫之、太田 鋼、浅見 忠男
○Tomoyuki KOYAMA, Tsuyoshi OHTA, Tadao ASAMI
東大農
Univ. of Tokyo
3H02-12
2021/03/20 09:30
ミーティングルーム H
ハツカダイコン肥大根に含まれる天然変性タンパク質の精製と凍結保護活性に関する研究
A study on purification and cryoprotective activity of intrinsically disordered protein from radish taproots.
○大須田 穂波1、原 正和1,2
○Honami OSUDA1, Masakazu HARA1,2
1静岡大農、2静岡大グリーン研
1Shizuoka Univ., 2Research Institute of Green Science and Technology, Shizuoka Univ.
3H02-13
2021/03/20 09:30
ミーティングルーム H
デハイドリンセグメントによるリポソームの凍結凝集抑制に関する研究
A study on the inhibition of liposome cryoaggregation by dehydrin segments
○木村 友紀1、大久保 智博2、清水 広介4、間賀田 泰寛4、朴 龍洙1,3、原 正和1,3
○Yuki KIMURA1, Tomohiro OHKUBO2, Kosuke SHIMIZU4, Yasuhiro MAGATA4, Enoch Y. PARK1,3, Masakazu HARA1,3
1静岡大農、2静大院農、3静岡大グリーン研、4浜松医大光尖端医学教育研セ
1Shizuoka Univ., 2Graduate School of Science and Technology, Shizuoka Univ., 3Research Institute of Green Science and Technology, Shizuoka Univ., 4Preeminent Medical Photonics Education & Research Center, Hamamatsu University School of Medicine
3H02-14
2021/03/20 09:30
ミーティングルーム H
沈水植物の成長と繁殖に関わる底質の成分解析
Analysis of sediment components associated with growth and reproduction of submerged plant
○梶原 尚之、荒木 希和子、久保 幹
○Naoyuki KAJIWARA, Kiwako S. ARAKI, Motoki KUBO
立命館大生命
Ritsumeikan Univ.
3H02-15
2021/03/20 09:30
ミーティングルーム H
硫黄欠乏下で発現が上昇するERF転写因子の機能解析
Functional analysis of a ERF transcription factor responsible for sulfur deficiency
○門脇 佑樹、丸山 明子
○Yuki KADOWAKI, Akiko MARUYAMA
九州大農
Kyushu Univ.
1 - 15  / 17 <<< 1 2 >>>

1 - 15  / 17
<<< 1 2 >>>